未分類

任意再生が個人再生と違うこと

康夫です。

この間個人再生の話をしましたが、じゃあ実際任意再生ってなんなのかって話をします。

任意再生っていうのは、お願いした司法書士の人が債権者と返済する借金についての交渉をしてくれて、その上で返済ができる条件で合意を成立させてくれる方法です。この時裁判所は関与しません。

借金をしてる人が一番利用するのはこの方法みたいです。金利の高い消費者金融機関と取引がある場合、利息無制限法を使って引き直し計算を行ってくれて、払い過ぎている利息を元本にして借金額を減らしてくれます。

こうすることでこれから支払わないといけない分を減らすんですね。ただ、完済が早くなる分その完済してから5年間は新たに借金をすることができないのと、自己破産とか個人再生に比べると減額効果はそこまで高くないんだそうです。

それから最近は任意整理に応じてくれない業者もあるみたいで、なかなか成果が得られないなんてこともあるみたいです。

そうなると任意再生も決して確実ではないんですね。ただうまく交渉できれば多くて50%くらいは減額ができるみたいで、利用のしやすさもあってやっぱり最初はこの方法をとる人が多いみたいです。

それに本人の負担も減るので心理的な負担が軽くなりますからね。

この任意再生は借金の種類を問わないのでギャンブルで借金をして返済できない等のことでも行うことができます。そこも利用のしやすさになってるんでしょうね。

未分類

個人再生とは

康夫です。

僕が債務に関して気になったのは個人再生でした。これはちょっと変な言い方になりますけど、自己破産と任意整理の丁度中間のような位置にある制度の事ですね。

方法は自己破産と同じように裁判所に申し立てをするわけですが、自己破産のような全ての債務を免責にするっていうわけではないんです。これは債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらうことで、任意整理と同じように長期の分割払いにしてもらう事ができる制度のことなんだそうです。その為、減額幅は任意整理よりは大きくなるみたいです。

この債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてそれを、例えば3年で払い終えるっていう計画があったとして、それが再生計画案って言うんですが、これが裁判所に許可されれば債務はさっきの再生計画案に記載した額まで減額がされるわけです。そしてしっかり3年で分割払いが終われば、今まで残ってた債務は全てなくなります。ただし、この場合の返済期間は何か特別な事情とかがない限りは5年までの長期分割が認められるみたいです。

ただメリットがあればデメリットもあるわけで、5年から10年くらいは一切の借金ができなくなるのと、自己破産の中間とは言いましたけど、自己破産とは違うので返済能力や収入がないとそもそもできません。

そしてなにより自分の名前とか住所等の個人情報が官報って言われる国が発行してる機関紙に掲載されれしまうんです。

甲ならない為にも注意したいですね。

未分類

債務整理の種類

大阪で販売業をしてる康夫です。今年で45歳になりました。

お店の為に借金をしていたことがあり、今は完済しましたけど、なんか返済金額が多いんちゃうかなって思っていたら、なんでも過払い金っていうのがあるらしくて、払い過ぎてる金額の事みたいです。

そこでちょっと過払い金の事について調べたんですが、そしたら債務整理をすれば払い過ぎた分を返金してくれるって事らしいです。この債務整理っていうのには種類があるらしく、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求っていう4つ存在してるみたいです。

任意整理っていうのは裁判所を通さずに弁護士が債務者の代理人になってくれて、現実的に支払ないが可能な金額の条件を債権者と話して結んでくれることを言うみたいです。

これはバレにくい上に整理する債務を選べるらしいっていうのと、今支払ってるものの利息が免除されることみたいです。まぁ今回僕がやろうとしてるのは過払い金請求だからそれについて調べてみたんですが、これは利息制限法っていうので決められた金利を超過して払ってしまっていた分を返還請求することみたいです。

消費者金融は出資法の29%くらいに合わせて営業をしてた時があったらしいんですが、これが認めなくなったために過払い請求ができるようになったみたいです。あってもなくても過払いがあるかどうか確認してもらうだけでもいいみたいなのでまず相談してみる事が大事みたいです。

ただ過払い金の請求は借金を完済してないと利用はできないみたいで、今回僕は支払いを終えてるので利用できるって事みたいです。