未分類

個人再生とは

康夫です。

僕が債務に関して気になったのは個人再生でした。これはちょっと変な言い方になりますけど、自己破産と任意整理の丁度中間のような位置にある制度の事ですね。

方法は自己破産と同じように裁判所に申し立てをするわけですが、自己破産のような全ての債務を免責にするっていうわけではないんです。これは債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらうことで、任意整理と同じように長期の分割払いにしてもらう事ができる制度のことなんだそうです。その為、減額幅は任意整理よりは大きくなるみたいです。

この債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてそれを、例えば3年で払い終えるっていう計画があったとして、それが再生計画案って言うんですが、これが裁判所に許可されれば債務はさっきの再生計画案に記載した額まで減額がされるわけです。そしてしっかり3年で分割払いが終われば、今まで残ってた債務は全てなくなります。ただし、この場合の返済期間は何か特別な事情とかがない限りは5年までの長期分割が認められるみたいです。

ただメリットがあればデメリットもあるわけで、5年から10年くらいは一切の借金ができなくなるのと、自己破産の中間とは言いましたけど、自己破産とは違うので返済能力や収入がないとそもそもできません。

そしてなにより自分の名前とか住所等の個人情報が官報って言われる国が発行してる機関紙に掲載されれしまうんです。

甲ならない為にも注意したいですね。