未分類

任意整理が個人再生と違うこと

康夫です。

この間個人再生の話をしましたが、じゃあ実際任意整理ってなんなのかって話をします。

任意整理っていうのは、お願いした司法書士の人が債権者と返済する借金についての交渉をしてくれて、その上で返済ができる条件で合意を成立させてくれる方法です。この時裁判所は関与しません。

借金をしてる人が一番利用するのはこの方法みたいです。金利の高い消費者金融機関と取引がある場合、利息無制限法を使って引き直し計算を行ってくれて、払い過ぎている利息を元本にして借金額を減らしてくれます。

こうすることでこれから支払わないといけない分を減らすんですね。ただ、完済が早くなる分その完済してから5年間は新たに借金をすることができないのと、自己破産とか個人再生に比べると減額効果はそこまで高くないんだそうです。

それから最近は任意整理に応じてくれない業者もあるみたいで、なかなか成果が得られないなんてこともあるみたいです。

そうなると任意整理も決して確実ではないんですね。ただうまく交渉できれば多くて50%くらいは減額ができるみたいで、利用のしやすさもあってやっぱり最初はこの方法をとる人が多いみたいです。

それに本人の負担も減るので心理的な負担が軽くなりますからね。

この任意整理は借金の種類を問わないのでギャンブルで借金をして返済できない等のことでも行うことができます。そこも利用のしやすさになってるんでしょうね。